Cuties

仕事で超多忙ガールが「うまく恋愛とバランスを取る」方法3つ

“結婚適齢期”という言葉が死語と化した感があり、20代後半で、結婚に焦る女性は減ってきているのではないでしょうか。

女性が幅広い職業に就けるようになり、昔に比べて、チャンスが拡大して昇進を望めるようになりました。当然ながら、私生活とバランスを取ることが難しくなってきますよね。

仕事に打ち込みたいけど、将来的には結婚して子供も欲しいし……と思う女性なら、恋愛だっておざなりにはしたくないハズ。

そこで、海外女性向け情報サイト『all women stalk』で取り上げられた記事を参考に、“仕事で超多忙ガールが、うまく恋愛とバランスを取る方法3つ”をお贈りすることにします。

現代の女性は、仕事でも成功したいし素敵な恋もしたいと贅沢ですが、こちらを読んで、もっと人生で贅沢三昧にしちゃってください!

 

■1:出張に彼を連れて行っちゃう!

仕事で各地を飛び回って、なかなか彼氏とデートする時間が取れないという人は、泊りがけの出張などでは、いっそのこと彼を連れて行ってしまうのも手です。

筆者の女友達でアパレル関係の仕事をしていて、しょっちゅう海外出張で世界を飛び回っている人がいます。

彼女には、交際して2年になる彼氏がいるのですが、月の半分以上も日本にないこともあり、ゆっくりとデートする暇もないとボヤいていました。

そこで二人は話合い、彼の休みと彼女の出張の時期が重なった時は、一緒に行くようにしたのです。

彼は、日本の私立高校で英会話教師をしているため、春と夏、秋は数週間の休みがあります。

その期間に彼女の出張がバッティングしたら、バケーションもかねて、海外でデートを楽しむようになったのです。

彼女が泊まるホテルに、彼が宿泊すればホテル代は浮くわけだし、彼女だって、1日24時間仕事をしている訳ではありませんよね。

昼間、彼女が仕事をしている間に、彼は一人で自由行動を楽しみ、夜はディナーに出かけたりショーを見に行ったりしているのだとか。

最初は、出張が多くて二人の時間が作れなかったため、気持ちがすれ違いがちになっていたのですが、今では時々一緒に行く海外出張のおかげで、すっかりラブラブ感を取り戻したそうです。

毎日、パソコンに向かって翻訳&執筆作業に打ち込んでいる筆者にしてみたら、彼女のように世界中を飛び回って、しかも、彼氏とデートができてしまうなんて最高に羨ましい話……。

海外出張ではなくても、国内や近場の街でも、出張が週末などにかかっていたら気分転換にもなるし、彼を連れて行って違う街でデートしてみてはどうでしょうか。

 

■2:彼と過ごす時は、極力仕事の話は避ける

カップルなら、お互いについて何でも語り合うものですが、同じ職場だとか同系の仕事に就いてない限り、仕事の話をしても、パートナーが分からないことだらけだったりします。

それに、「職場の●●さんが……」と話をしても、会ったこともなければ顔も知らない人物について、延々と語られても聞く方としては面白くはないですよね。

ですから、二人が全く別の職業に就いている場合や、お互いの職場の人と面識がないのなら、極力仕事の話をしないようにしましょう。

そうでなくても、キャリアガールは仕事で一杯イッパイなのに、彼とデートしている時ぐらいは仕事から解放されるべきです。

そうやって、仕事と私生活のオン&オフを上手にバランスを取ることで、彼との関係も充実したものになるハズ。

また、仕事のグチや上司の悪口などを、彼に言いたくなることもあるでしょうが、男性は、女性がこの手の話をするのを極端に嫌います。

深刻に悩んでいるのなら別ですが、そうでないのなら、彼と一緒にいる時は出来るだけ楽しいトピックを話題にしましょう。

 

■3:二人の儀式を決める

女性は、男性よりもマルチタスキングが得意なので、仕事の日でも、昼休みに彼にLINEを送ったりする余裕があります。

とはいえ、大きなプロジェクトを抱えていたり、今までにないぐらいほどの責任を課せられていたら、頭から完全に彼のことが消えてしまうことがあります。

そんな時のために、超多忙ガールは、彼と儀式的な行動を決めておきましょう。

例えば、仕事が大変過ぎて、文章を考えてLINEなどでメッセージを送る暇はないけど、「恋しく思っているよ」という気持ちと伝えたいときは、ハートの絵文字だけを送るとか二人だけのサインを作るのです。

そうすれば、時間をかけずに愛情を表現できるし、忙しさにかまけて、音信不通になってしまうよりは良いのではないでしょうか。

 

逆もしかりで、彼が仕事で超多忙なため、週1回のデートもままならない……なんていう状態でも使える手です。

性別に関係なく仕事は大切ですが、仕事だけで、人生を豊かにすることが出来ないのも事実です。

仕事のストレスやプレッシャーを発散させることができる、オアシスなような存在って絶対に必要なので、お互いがそんな存在になれるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

Menjoy!

記事一覧に戻る TOP