Cuties

知らなかった…(ノД`)じつはNGな「生理対策」

誤解その1:痛いときにお腹を温める

子宮の温めには、お腹より「仙骨」がポイント。仙骨は骨盤の中心にあり、背骨を支えている部分

脂肪がついているお腹からより、仙骨からのほうが温まりやすい

仙骨は子宮に近い場所なので、ここを温めることで子宮が温まり生理痛緩和が期待できます

 

 

 

誤解その2:ムクミ対策として水分を減らす

水分を取るからむくんでしまうというのは間違い

水分が足りていないので、体が溜め込もうとして排出しにくくさせているから、こまめな水分補給は大切

背中を温めると、腎臓の働きが活発になり、利尿が促される

誤解その3:ニオイを気にしてスキニーパンツ

ニオイを閉じ込めようとして、密閉できるようなものを着てしまいがちですが、これは逆効果

蒸れやすくなり、雑菌の繁殖しやすい環境になる

思い切ってスカートを穿くことでムレ対策になる

ナプキンを1~3時間に1回交換するだけである程度防ぐことは可能

誤解その4:かゆいからと念入りに洗う

デリケートゾーンを洗いすぎると、必要な菌まで洗い落としてしまい、症状を悪化させてしまうことも

刺激で皮膚のメラニン細胞が活性化され、黒ずむ

かゆみを生じる場合や、軽いかぶれであれば、市販の軟膏薬を塗る

NAVERまとめ

記事一覧に戻る TOP